首につけるのに最適な日焼け止めパウダーは? 服の襟は汚れない?

 

紫外線って、シミをつくるだけじゃなくて、シワの原因にもなるらしいですね。

 

それを聞いて「もっと首を紫外線から守らなきゃ!」って思ったんですが、顔とちがって首はファンデーションで守れませんよね。

だって、首にファンデーションを塗ると汗でにじんで服の襟元が汚れるじゃないですか。

 

もちろん日焼け止めは首にもつけてるけど、それだけだとやっぱり顔よりも日焼けしてる気がします。

首ももうちょっとカバーしたいところです(´・_・`)

 

何かいい方法ないかな?って調べてみたら今は「日焼け止めパウダー」っていうのがあるんですね。

UVパウダーとかサンスクリーンパウダーとか、名前はいろいろですが。

こんなのあるって知らなかった~。

 

これだと紫外線も防げるし、服が汚れないかな?

 

早速買ってみました♪

 

SPF?PA? UV-A波をしっかり防ぐものを選ぼう

 

わたしが買ったのはこれ。

 

ドクターキッツ UVブロックパウダー

 

値段もお手ごろだったし、レビューの評価も高かったので。

 

レビューを見てみると、お化粧の上から仕上げのフェイスパウダー的に使ってる人が多いみたいですね。

落ちてきたかな?と思ったときでもまた簡単につけられるのがいいみたい。

 

中には日焼け止めはベタベタして苦手だから腕などにこのパウダーだけつけているっていう人も。

 

SPF50、PA+++と、UV効果が高いところも人気みたい。

 

シワの原因になるのはUV-A波の方で、A波の防止効果は「PA」の方を見ないといけないんですよね。

 

PA+++なら十分です♪

 

 

UVブロックパウダーの付け心地は?

 

購入して早速つけてみることにしました。

ふたをあけるとこんな感じ。

 

パウダーが入った容器とパフが一体になっていて、逆さにむけてポンポンするとパウダーが出てきます。

すっごく細かい粒子で、少しラメが入ってる感じです。

 

サラッとなじんで付け心地はいいですね。

本当にサラサラで軽~く、うす~く付いてるって感じ。

 

しっかりカバーしてる感じがないから、これで本当に紫外線を防げるのかな?って不安だけど、それは感覚的な問題で、実際にはちゃんと防げるみたいです。

 

でも、パウダータイプの日焼け止めは3時間おきくらいには付け直した方がいいそうですよ。

 

 

大失敗(TдT) これは首には使えない!

 

では、これを首につけてみます。

 

・・・とここで気が付いてしまいました(・o・)!

 

このパウダー、容器を逆さにむけてポンポンしないと出てこないんだけど、首につけるときに逆さに向けてポンポンするのって難しい(>_<)

どうしても横向きにしかならない!!

 

仕方ないので、一度手の甲にたくさんポンポンして、出てきたパウダーを首に付け直すことにしました。

こんなはずじゃなかったのに~。

完全に失敗です(TдT)

 

あと、もう1つ気が付いたんだけど、ポンポンするときに結構パウダーが舞うんですよね。

顔なら別に問題ないけど、首につけるときは服の襟元が汚れそうで気になります。

 

結論。

これは、首には使えない(TдT)

 

 

首につけるのに最適な日焼け止めパウダーは?

 

わたし知らなかったんですけど、日焼け止めパウダーって最近たくさん出ていて、いろんな種類があるみたいですね。

 

大きく分けると「プレストタイプ」「ルースタイプ」があります。

 

プレスとタイプっていうのは、固形のファンデーションみたいに粉を固めたタイプのもの。

持ち運びしやすいし、肌につけるとき粉が舞う心配がありません。

 

ルースタイプの方は、わたしが買ったやつみたいに、さらさらの粉の状態で入ってるタイプのものです。

ルースタイプの方が肌にぴったりと定着して、パウダーの機能としてはすぐれているみたいです。

ただ、さっきも書いたように、ポンポンするときに粉が舞うので首元に使うのには適してないかなと思いました。

 

プレストタイプにしておけばよかった・・・

 

あと、ルースタイプではパフが別になったもの一体型のものがあります。

 

パフが別になったもの

 

パフと一体型のもの

 

わたしが買ったのは一体型のものだけど、これもやっぱり別になってるやつの方がよかったと思います。

 

一体型はひっくり返さないと粉が出てこないので、首につけるのが難しいという点が1つ。

あと、パフが洗えないから衛生面で気になるっていう理由も。

 

考えてみたらわたし、首につけるのに一番適してないタイプを選んじゃったんですね(TдT)

 

 

日焼け止めパウダーを首につけると服の襟が汚れない?

 

首にファンデーションをつけると、汗でにじんで服の襟元が肌色に汚れてしまいますよね。

 

なので、わたしは最初、首にはファンデーションを使わず、「日焼け止めクリーム+この日焼け止めパウダー」にしようと思ってました。

 

そしたら、「ファンデーションをつけた上からパウダーをはたくと汗でにじまない」っていう口コミを発見!

 

「日焼け止めクリーム+ファンデーション+日焼け止めパウダー」の3段重ねができるなら、完全防備って感じで安心ですよね。

 

ところが・・・

実際にやってみたところ、やっぱり汗をかいた時は襟元が汚れました(TдT)

 

パウダーをつけた方がにじみ方がマシにはなるけど、完全に抑えられるわけではないみたい。

 

もっと言えば、「日焼け止めクリーム+日焼け止めパウダー」だけのときでも、パウダー自体に少し肌色がついてるので、白い襟の服を着ると少し汚れます。

ファンデーションのときほど目立つ汚れではないけれど。

 

真夏の汗ダラダラの季節は、できれば「日焼け止めクリーム+ストール」が安全・安心かな?と思います。

 

>>首もとの日焼け防止策。一石三鳥のスゴイ方法を見つけた!

 

>>首の日焼け防止がしっかりできる!ストールのおしゃれな巻き方みつけた

 

で、どうしてもファッション的にストールをしたくないっていう時用に、日焼け止めパウダーも1つ持っておくのがいいかも。

プレストタイプのやつね。

 

 

コメントを残す