エステナードリフティはボタンが2つ。強さの調整はできる?

 

わたしが首のシワをケアするために買ったエステナードリフティという美顔器。

シンプル設計でボタンが2つだけなんです。

 

1つは「RF」ボタン
もう1つは「EMS」ボタン

ON/OFFボタンはありません。

そして、強さを調節するボタンもありません。

 

だから、「エステナードリフティは出力調整できない」なんて書いてるサイトもあるけど、そんなことはありません。

ちゃんと3段階で調整できますよ♪

 

エステナードリフティのボタンの使い方をご紹介します。

 

ON/OFFはどうやるの?

 

まず、ON/OFFはどうやってやるのか。

最初はこんな状態です。

使いたいモードのボタンを長押しするとONになります。

RFモードを使いたいときはRFボタンを長押し。
RFボタンのランプがつきました!

>>エステナードリフティ「RF」ボタンにはどんな効果があるの?

 

EMSモードを使いたいときはEMSボタンを長押し。
EMSボタンのランプがつきました!

>>エステナードリフティについてる「EMS」って何だっけ?

 

RFとEMSどちらのモードを使うときでも「ION」機能はついています。

 

RFとEMSの両方をONにして、両方同時に使うのもアリです。

というか、両方同時に使う方法が推奨されています。

 

電源OFFは、それぞれのボタンを長押しすればOKです。

 

出力の強さを調整するときは?

 

出力の強さを調整したいときはどうするかというと…

ボタンの短押しです。

「みじかおし」って読むのかな・・・?
要するに、普通にピッと押すだけです。

 

RFボタンを長押しするとRFモードがONになりますよね。

最初の状態は出力「弱」です。

 

そこでRFボタンをピッと短押しすると「中」、
もう一度押すと「強」、
さらにもう一度押すと「弱」に戻ります。

 

ボタンの周りにランプが3つあって、こんな風に「弱→中→強」とランプが増えていくから、いまどの強さなのか一目でわかります。

 

EMSボタンも同じように、短押しで「弱・中・強」と調節できます。

 

最初のうちは両方「弱」で使うのがおすすめ。
この状態ですね。

何回も使って慣れてきて、ちょっと刺激がもの足りなくなってきたら「中」「強」と出力を上げていくようにしてください。

早く結果を出したいからって、いきなり「強」から始めるのは逆効果。
お肌がびっくりしてトラブルの元になりますからね。

 

RFは「強」、EMSは「弱」など、それぞれ別の強さにすることもできます。

 

 

2つのボタンの使い方まとめ

 

以上をまとめると

・ボタン長押しでON/OFF

・短押しで「中」→「強」→「弱」と出力調整
(ランプの数でわかる)

 

ボタン操作、シンプルですごく簡単でしょ?

これなら機械モノが苦手な人でも、操作に迷わず使えますよね♪

 

 

コメントを残す